学校法人 土佐明青学園 土佐情報経理専門学校

  • コンピュータ会計科
  • ITビジネス科
  • 医療情報管理科
  • 公務員ビジネス科

夢をかなえる豊富なカリキュラムでサポート。

医療事務(医科・歯科)、介護事務、調剤事務、ホスピタルコンシェルジュ等のライセンス取得を目指し、医療と福祉の両現場で活躍できます。また、情報化社会に対応できるコンピュータスキル、患者様や職員スタッフとの信頼関係を築くためのマナーやコミュニケーションスキルも学べます。医療機関と患者様を支え、「ありがとう」と言ってもらえる、とてもやりがいのある仕事です。

ポイント
豊富なカリキュラム

主なカリキュラム

○医科医療事務
診療報酬請求事務、医療保険制度を基礎から実践まで学び、1年次には「医療事務管理士®」、2年次には「診療報酬請求事務能力認定試験」を受験、全員合格を目指します。
○医療情報処理
レセプトコンピュータを使用した、医療事務会計の知識や技能を習得します。また、さらに医療現場で活躍できるよう、電子カルテの演習もおこないます。
○メディカルマナー
患者様の心理を理解し、ホスピタリティマインド(おもてなしの心)を実践できるよう、優しさ・思いやりのあるコミュニケーション方法を学びます。

その他のカリキュラム

○専門科目
・歯科 医療事務 ・調剤薬局事務
・介護保険請求事務 ・医療関連知識
・病院受付事務 ・ボランティア実習 ・病院実習
○一般科目
・商業簿記 ・計算実務 
・パソコン実習(Word・Excel・PowerPoint・実務演習)
・ビジネス実務 ・職業指導 ・就職対策
○1週間の時間割モデル
取得を目指す資格・検定
医療事務管理士® 技能認定試験(医科) 医療事務の仕事に就くためには、複雑化する診療報酬の算定方法や医療保険制度を学習していることが必要で、これは医療機関の就職試験を受ける際に重要なPRポイントとなります。医療事務の一般的な学習時間は400〜500時間と言われていますが、当校では約300時間程度の要点を押さえた授業で、毎年全員を『医療事務管理士®技能認定試験(医科)』合格に導き、医療機関への就職を実現しています。
診療報酬請求事務能力認定試験(医科) 厚生労働大臣の許可を得て設立された日本医療保険事務協会が、全国一斉に実施する試験です。従来の数ある試験に比べ試験内容や基準が統一されていて、合格者のレベルが高いことで抜群の信頼性と需要を持っています。多方面から注目されている資格です。この資格を取得していれば、大病院等の就職試験を受ける際に役立ちます。
ホスピタルコンシェルジュ検定 病院の顔として患者様と接する医療事務員には、接遇とコミュニケーションのスキルだけでなく、患者様からのどんな質問にも的確に答えられる、医療に関する様々な知識も必要です。病院接遇のためにつくられた唯一の検定試験「ホスピタルコンシェルジュ検定」では、患者様や医療機関が求める接遇力と患者様応対に必要な知識を兼ね備えた人材を評価し、認定されます。
高い資格取得率